「月光庭園」にようこそ

ライトノベルズ作家、早瀬響子(赤城まや)のブログです。こちらでは主に男女もののヒストリカル系ロマンスのお仕事作品や、イベント参加などについてお知らせさせていただきますね。よろしくお願いいたします(*^_^*)m(_ _)m。

私のこれまでの男女ものの作品につきましては、左サイドバーの「既刊のご案内」をクリックして下さいませ。発行が新しい順に、全てご覧になることが出来ます。新刊につきましては、「新刊のご案内」をどうぞ。

お問い合わせなどは、同じく左サイドバーの「プロフィール」の中の、「メールを送信」をご利用下さいませ。

また、電子書籍のダウンロードのサイト様や、出版についての詳細は、それぞれの出版社様のサイトをご覧下さい。トパーズノベルズ様はこちら、ロイヤルキス文庫様はこちら、ジュリアンパブリッシング様のサイトはこちらです。

早瀬はBLのお仕事も頂き、サイトも持っています(^^ゞ。ご興味のある方、ご理解のある方はよろしければどうぞ。こちらです→RISKY LOVE

|

龍は虜囚(とりこ)を愛で繋ぐ~前編~

97346697e06bb452aad2ebc0acd78464400x569

トパーズノベルズ様より2022年10月28日発行。イラスト:龍胡伯先生 定価990円(税込み)

一ノ瀬雪香は家族を救うため、暴力団不動組組長、不動剛の愛人になった。その邸で組長の息子龍斗と出会う。事情を知らない龍斗は雪香を慕い、惹かれるが、それを知った剛は残酷な方法で二人を裂き、龍斗は留学のため渡米させられる。6年後、龍斗は事業を興して成功、有能な経営者として不動組と雪香を手中にする為帰国する。だが再会の時、龍斗が見たのは血を流す剛と、ナイフを手にした雪香だった……。

※この作品は赤城まや名義です。トパーズノベルズ様のサイトはこちらです。

【作者より】今回も、こちらのブログでの作品のカバーイラストの掲載が、配信日より遅れてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

作者にとっては、男女もので現代日本のお話、というのは初めてになります。あと、「ヒロインが年上」というのは、男女もののロマンス小説では少ないのだそうで、色々ドキドキしております、いかがでしょうか(^^ゞ。

ヒロインの雪香は、過去にヒーローの龍斗に酷いことをしてしまったと思い(彼女のせいではないのですが)、彼のために全ての罪を負うつもりでいます。雪香の想いを知らない龍斗は、彼女が罪を犯したと激怒、さらにようやく再会できたこともあり、彼女を拘束しても手元に置きたいと激しく執着するのでした。そんな二人にさらに試練が降りかかり…!?

お互いを強く想いながらすれ違う二人が、困難を乗り越えながらさらにお互いへの愛を深めていきます。龍胡伯先生が、そんな二人を大変美しいイラストに描いて下さいまして、本当に嬉しい私です、先生、ありがとうございます! 後編もよろしくお願いいたします;;

そしてこのお話しの後編ですが、来年2023年1月以降に配信の予定でございます。本当に、私のせいで色々とお知らせが遅れてしまい、申し訳ございません;; 後編につきましても、詳細が決まり次第こちらのブログで、今度は配信日よりも前にお知らせさせていただきますね。本当に申し訳ございません;;

|

コミックマーケット101、参加決定のお知らせ

更新が遅れて申し訳ございません。こちらのブログでもご案内させていただきます。コミックマーケット101、参加決定いたしました。BL作家早瀬響子としてのサークル、「RISKY LOVE」での参加となります。参加日、配置場所などは以下の通りです。

参加日:12月30日(金、一日目)、配置場所:東6ホール「ト」-43a 

サークル名:「RISKY LOVE」、ジャンル:創作JUNE

また、新刊も出す予定でおります。早瀬響子名義で、商業誌で発行させていただいたBL作品の後日談となります。ご興味のある方は、もしよろしければ是非遊びにいらして下さいませ。

コロナ禍でのコミケ開催も三度目となりました。どうか段々と、無理をせずに、コミケにもかつての賑わいが戻ってきますように…(*^_^*)。

|

次回新刊決定のお知らせ

どうも皆さま、お久しぶりでございます。トパーズノベルズ様より、次回の新刊、配信が決定いたしました。こちらにお知らせさせていただきますね。

・「龍は虜囚(とりこ)を愛で繋ぐ~前編~」 

イラスト・龍胡伯先生 

2022年10月28日、トパーズノベルズ様より配信予定

私(赤城まや)としては珍しく、現代もので、やくざもの、でございます。ヒロインがヒーローより年上、なのですが、それも珍しいかも…? よろしければご覧になっていただければ嬉しいです。トパーズノベルズ様のサイトはこちらです(トパーズノベルズ様でのご案内はもう少し先になります)。

前回の新刊から一年も間が随分あいてしまいまして、本当に申し訳ございません。でも、こうしてまた作品を出すことが出来、本当に嬉しいです。編集様、イラストレーター様、そして読者様、本当に、ありがとうございます!

今回、またお話しが長くなってしまい、前後編となりました。表紙や内容詳細につきましては、10月18日以降にまたUPさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。今回は取り急ぎお知らせまで…(*^_^*)m(__)m。

 

 

 

|

「RISKY LOVE」コミックマーケット100、無事終了のお知らせ

RISKY LOVEでも書かせていただきましたが、コミックマーケット100(2022年夏コミ)、無事終了いたしました。台風の中、読者様、お隣のサークルの皆さま、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

台風が直撃しそうで、どうなることか、と思ったのですが…。風雨が一時強くなったものの、意外とビッグサイト周辺はそれほど被害がなかったような気がするのは私だけでしょうか。2日目14日朝には晴れてたし。やはりこれはオタクパワーでは…(^^;)。以前、台風を止めたことがあったなあ…遠い目。

ただそういう状態でしたので、せっかく100回という記念すべき回でしたし、コロナにも関わらずスタッフの方たちが色々とイベントを考えて下さったのに、あまり参加出来ず、早めに撤収したのが残念です。私はこれに参加したことで、一生の友人も、お仕事も得ることが出来たので、そういう意味では凄く大事なイベントですので…どうかいつまでも続いて欲しいです。

現在、コロナ禍はまだ続き、さらに今年は本当に大変なことが立て続けに起こって、大変な年になってしまいました。特に安倍元首相の件は、私は、浅い理解だとは思うのですが、この方の考えに共感出来、応援していましたので、非常に残念だし悔しいです。こんな状況ではありますが、ともかく私は出来ることをしよう、作品を一つでも多く書きあげて、読者様に喜んで貰い、お仕事をしていこう、と思っております。本当に、小さな事ですけれど…(^^;)。

どうか日本がいつまでもこんな風に、豊かで平和で、マンガと小説に溢れた、たくさんの表現が出来る国でありますように。そしてそれを守っていける強い国でありますように。ではでは…(*^_^*)m(__)m。

 

|

コミックマーケット100、参加と新刊発行のお知らせ

こちらでのお知らせが、久方ぶりになってしまい申し訳ございません。コミックマーケット100(2022年夏コミ)、BL作家早瀬響子として参加が決定、新刊も発行できました。こちらにご案内させていただきますね。

サークル配置場所は

参加日:8月13日(土、一日目)、配置場所:東5ホール「ネ」-03b 

サークル名:「RISKY LOVE」、ジャンル:創作JUNE

また、新刊は

・ずっと貴方とともに  

 A5版 本代300円(白黒コピー)送料120円 P32

と、なります。「ずっと貴方とともに」は、2003年に雄飛出版様から発行していただいたBL「美しい凶器」の後日談です。

また、5月のスーパーコミックシティに間に合わなかった「あの日の涙を花束に変えて(後編)」も持参いたします。皆さま、この時は本当に申し訳ございませんでした。

詳しくはRISKY LOVEお知らせ」「同人誌のお知らせ・通販をご覧下さいませ。「お知らせ」こちら「同人誌のお知らせ・通販」こちら です。

早瀬(赤城まや)は直接参加いたしますので、よろしければ皆さま、遊びにいらして下さいませ(*^_^*)m(__)m。熱中対策と感染予防をしっかりとして、お互い気をつけて参加いたしましょう…(*^_^*)。

|

コミックマーケット99,参加いたします。

また、こちらにもご案内させていただきますね。今年12月にコミックマーケット99が開催決定し、私も参加決定いたしました(^^ゞ。BL作家早瀬響子としての参加でして、BLの方のサイト「RISKY LOVE」にてもご案内しております。

参加するジャンルは創作JUNEになります。参加日は12月30日(木、一日目)、配置場所は東地区、東5ホール、「ナ」ブロック18a、サークル名は「RISKY LOVE」です。新刊も出します。詳しくはRISKY LOVEやそのブログつれづれでどうぞ。

男女ものではないジャンルで申し訳ないのですが、ご興味のある方はどうぞお越し下さい。コロナ禍が続く中、こうして開催にこぎつけて下さった準備会の皆さまには心から感謝します。これまでと随分と違った決まりや制約が出来て、当惑することも多いのですが、まずはこうしてまた、参加できることが本当に嬉しいです。よろしくお願いいたしますm(__)m。

|

真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる~後編~

3eb950a2870203558b79ee8edf15493a400x569

トパーズノベルズ様より2021年9月24日発行。イラスト:小路龍流先生 定価990円(税込み)

「そなたは、私のものだ。それをこの身体に、刻み込んでやる……!」
エスパドール王レオンの王妃となった公爵令嬢マルガリータ。レオンは復讐と政略の為の結婚だと断言するが、言葉と裏腹に熱い眼差しを注ぎ、毎晩熱く身を繋げてくる。国王として領地や民の為精励する彼の姿を傍で見、マルガリータは次第に惹かれてゆく。レオンも噂とは全く違う彼女の本当の姿に気づいていく。だが領地の夏祭りに招かれた夜、二人は命を狙われる。その時現れたのはマルガリータのかつての想い人、前公爵パウロで……!?

※この作品は赤城まや名義です。トパーズノベルズ様のサイトはこちらです。

【作者より】後編のお知らせが、大層…いえ、三ヶ月も遅くなりまして申し訳ございません;; お問い合わせ下さった読者様もいらっしゃって、本当に申し訳ございませんでした。後編では、だんだんと心を近づけていった二人が、またしても試練に遭い、さらに過去のこともあって思い悩んでしまいます。それはお互いを本当に好きになり、かけがえのない相手だとわかり始めているからなのですが…。愛されることに慣れていない不器用な二人を見守っていただければ嬉しいです。その後、想いが通じ合い、完全にラブラブバカップルになってしまったあとのエピソードもあります。こちらは笑ってご覧になっていただければと思います。素晴らしいイラストを二回に渡って描いて下さった小路龍流先生、本当にありがとうございました。この後編の、二人のしっとりと落ち着いた、幸せな雰囲気が私はとても嬉しく、気に入っております。夕焼けの中の二人、って、わりとこういうジャンルでは珍しいかも…? その光の加減がとても美しいと思います(*^^*)。ありがとうございました。

|

「真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる」後編、配信一ヶ月延期のお知らせとお詫び

赤城まや(早瀬響子)でございます。

どうも皆さま、本当に申し訳ございません。前の更新でもご案内をしております新刊、「真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる」後編ですが、諸事情により配信が一ヶ月ほど延期となりまして、トパーズノベルス様より、9月24日(金)に配信となりました。

お待ちいただいております皆さまには本当に申し訳ございません;; 今回は私がなかなか作品を仕上げられず、読者様はもちろん、イラストレーター様、編集様に多大なご迷惑をおかけいたしました…。申し訳ございません。どうかもう少し、お待ちいただければと思います。

なお、トパーズノベルス様のサイトはこちら、「真珠の~」前編はその中のこちらでご案内をしております。よろしければどうかご覧下さいませ。本当に、何度もこんなことで申し訳ございません…m(__;)m。

|

真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる 後編のお知らせ

赤城まや(早瀬響子)です。どうもお知らせが、大変遅れて申し訳ございません。

前の記事でも書かせて頂きましたが、「真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる」の後編は、トパーズノベルズ様より8月27日(金)に配信が決まりました。

まず最初のお知らせから、前編の配信が後に延び、さらに前編と後編の間が三ヶ月も空いてしまい、更にお知らせも遅れてしまいました。ご心配をおかけして本当に申し訳ございません。ひとえに私が、ヘタレでなかなか作品を仕上げられず、ブログの更新もぐずぐずしていたのが原因です。申し訳ございません…。

そんな状況で本当に申し訳ないのですが…ご覧になっていただければ心から嬉しいです(^_^;)m(__;)m。トパーズノベルズ様のサイトはこちら、そちらの中で、前編の記事はこちらです。

 

 

|

真珠の花嫁は黒衣の新王に淫らに繋がれる 前編

Photo_20210715233001

トパーズノベルズ様より2021年5月28日発行。イラスト:小路龍流先生 定価990円+税

「──いい声だな、淫売。それに実に美味そうに真珠をくわえ込んでいる」
公爵令嬢マルガリータは、生前奔放だった母の為、父に疎まれ継母や異母妹には貶められて不遇な毎日を送っていた。その公爵家を占拠したのは漆黒の、底知れぬ瞳の新王レオン。幼い頃彼女の母がきっかけで父を失った彼は復讐に燃え、母生き写しのマルガリータに憎しみを向ける。必死に領民を守ろうとする彼女に、レオンは愛のない結婚とその前の行為を強いる。そして二人は意外にも熱く求め合うが、あることでレオンは怒り、彼女を更に淫らな陵辱の婚礼へと…!? 

※この作品は赤城まや名義です。トパーズノベルズ様のサイトはこちらです。

【作者より】作品のカバーイラストの掲載が、大変遅くなってしまい申し訳ございません。お互い最初から惹かれあっているのに、誤解が重なり、すれ違う二人のお話しです。ヒロインが、誤解したヒーローによって、結婚式で結構大変な仕打ちを受けてしまいます。舞台は、国の名は変えておりますが、スペインのイメージです。この国の男性は激しく情熱的で、ちょっと影があり、またそれが魅力的な雰囲気、というイメージがありました。その感覚のまま書いてみたのですが、如何でしょう。イラストのように、小路先生がそんな二人を、特にヒーローをとても素敵に描いて下さったので、大変嬉しいです(*^_^*)。

そしてこのお話しの後編ですが、8月27日に配信が決まりました。配信、このブログでのお知らせともども、遅くなりまして申し訳ございません;; 全て私の至らなさからです。図々しいですが、こちらも合わせてご覧になって下さればと思います。次の記事でご紹介させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

|

«申し訳ございません。トパーズノベルズ様の次回新刊ですが、五月配信になりました。